トークでのご意見(3D)

井出さとる

昼休みに実施したトーク内容のトピックスです。貴重なご意見、ありがとうございました!

長泉町で家を探している

持家を長泉町で考えている。申し訳ないが裾野市では考えていない。

富沢や伊豆島田などの物件も見たが小学校、中学校のどちらかが遠くなってしまう。バスなどの公共交通で通学させる事もできない。

相談者

井出さとる

他の方からも同様の意見を頂いています。

確かに富沢地区の南部は西小学校より南小学校の方がはるかに近いです。どこの学校に通うかは地域の方との話し合いで決めているとの事ですので、後から引っ越してきた方は選択の余地がありません。

子どもの通学環境などが、持家の重要要素の1つである事を再認識する必要があると考えます。

公共交通機関のパークアンドライドができない

三島や東京に行くのに三島行のJRやバスを使うが、パークアンドライドができない。

相談者

井出さとる

裾野市はパークアンドライド環境がとても脆弱です。立地適正化計画(案)で意見として述べています。

また、高速バスはフルラッピングのバスを運行してPRを図っていますが、肝心のバス停留所周辺の環境も脆弱です。

東京からバスを利用して裾野市に遊びに来たとしても、県道沿いの小さいバス停に降りた後のおもてなし環境が脆弱です。

事業者に伺うと、高速バスは好評で事業としても安定している(儲かっている)という事の様です。これらの稼ぎによって、市内の赤字路線を維持する原資にもなっていると伺っています。

市内の公共交通を守る為、高速バスの乗り継ぎ環境を充実させるために、事業者と自治体の協働の取り組みがあっても良いと考えます。

裾野市で働く場所が無い

結婚して、妻を他県から呼び寄せた。市内で働こうと就職を探したが市内に職がない。

相談者

井出さとる

裾野市内の就業場所が近隣市町に対し相対的に少ないという事は、バイトアプリなどの検索結果を見てもわかります。就業の場が少ない要因として、裾野市内での内需の低さも要因の一つだと考えます。
MEMO
RESAS(リーサス)は、産業構造や人口動態、人の流れなどに関するビッグデータを集約し可視化するシステムです。誰もが自由に見る事ができます。

参考 RESAS 地域経済循環マップの説明経済産業省のサイトに紹介されている地域経済循環マップの説明資料です 参考 RESAS 地域経済循環マップ(裾野市)裾野市の地域経済循環マップがご覧になれます

裾野市はごみの分別が複雑

他県から引っ越してきた。裾野市のごみ分別は複雑。簡素にできないのか。

相談者

井出さとる

裾野市のごみの処理費が6億3千万円、最終処分場の管理費が4千100万円掛かっています。ごみの処理費を低減し、最終処分場を可能な限り長く使う為には、ごみの減量が不可欠です。

その為に市民の皆さまに、ごみの分別のご協力をお願いしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください