トークでのご意見(4C)

井出さとる

昼休みに実施したトーク内容のトピックスです。貴重なご意見、ありがとうございました!

十里木キャンプ場の今後の利用について

子ども会で例年利用しているが、平成30年度で運営を見直すと聞いている。市からは財政理由と聞いているが、子ども会活動で利用できる場所がなくなってしまう事に懸念がある。

相談者

井出さとる

市は、例年教育目的で活用して頂いている団体には早めに方針をお伝えして、代替場所などの相談に対し対応を行っているとのことです。団体へは近隣の県営子どもの国の利用に切り替えるなどの検討を頂いていると伺っています。
MEMO
十里木キャンプ場は、入場者がおよそ年間2,800人で、1人当たりの経費が1,800円掛かっています。市財政は赤字経営が8年連続続いています。

適切な受益者負担の観点や、公的資金を必要とする市民サービスとしての必要性を充分に議論する必要があり、課題提起を続けています。

防犯灯について

街灯が少ないと感じる。通学路なども暗いところがある。

相談者

井出さとる

路地の防犯を目的に設置する防犯灯(電柱などに設置されているLED電灯、または蛍光灯)は、地区民に設置費用と電気代を一部ご負担頂いています。したがって、指摘のあった箇所は現地の状況を確認した上で、当該の区長に相談させて頂いています。

放課後児童室の高学年受け入れ対応について

裾野市の放課後児童室は高学年の受け入れ対応をしていない。以前も伺ったが、その後どうなったか?

相談者

井出さとる

生徒の少ない小規模校(須山、富岡第2、千福が丘、向田)では高学年まで受け入れしています。(※利用者が少ないから対応できている。)

比較的大規模な学校(西、東、富岡第1、南)では対応ができていません。国の定めで平成31年度中には対応目処をつけなければならないので、平成30年度が実質的な目処付けの期限となると思います。一方で、①高学年は下校が学習日課やクラブ活動などで遅くなること(16時くらい)と、②親の預けたいというニーズと、子どもが放課後児童室に行きたいというニーズに乖離が発生する(子どもの身体的・精神的成長により)事もあり、実態に近いニーズの把握に苦慮することがあるようです。

裾野市から転出した理由について

独身の時は裾野市に住んでいたが、結婚して持ち家を考えた時、国道246号の交通渋滞などの通勤負担を考え、通勤の融通が効く、土地の絶対数が多くコストパフォーマンスが高い御殿場市を選んだ。

相談者

井出さとる

御殿場市にお住まいになっていかがでしたか?
御殿場市は発展が目で見えて、動きを感じる。

相談者

井出さとる

長泉町も最近、池田柊線沿線が子育て支援施設やファミリーレストラン、ショップなど立地が進み躍動感を感じますが、数十年前の種まき(計画)の成果が実を結んでいます。つまり、いかに将来の為に先見性を持ち、良質のタネを撒くかという事が自治体に課せられた使命だと考えます。
MEMO
裾野市は隣接市町より10年の計画(都市計画決定)遅れがあると述べています。数十年前は10年の決定遅れがあったとの事ですが、現在どれだけの開きになっているか(現状把握)、それを市民がどう感じているか(顧客ニーズの把握)、遅れをどう巻き返すか(対策)、転出抑制の全ては問題解決の範疇だと考えます。

自転車専用道路などの整備について

自転車での通勤や通学など自転車が走る道路の整備が遅れてないか。オリンピックで自転車競技などが盛り上がっており、自転車専用レーンの整備など必要では。

相談者

井出さとる

自転車の通行環境の整備は2面で考える事が必要だと考えます。1点目は通学路や日常環境面の整備、2点目は観光(スポーツツーリズム)面の整備です。

1点目の日常環境面の整備は、例えば通学路整備事業やその他道路新設時の整備などでコツコツと取り組む事が精一杯ですが、市も一所懸命取り組んでいると思います。

2点目は、静岡県でも掲げていますが、オリンピック・パラリンピックの開催に合わせ、自転車と自動車の共存環境の整備など重点取り組み事項とする旨の計画案が示されています。

これら県の基本方針(計画)に基づく裾野市の戦略的計画を立案する事が1つのチャンスだと考えます。

MEMO
現在の道路が狭いから広くしたい、という市民の希望は理解できますが、一方で狭い道路の沿線にも家が張り付き市民が住まわれています。道路を拡張するということは、沿線に住んでいる人の土地を譲っていただく必要がある、という事を認識した上で、公共の利益の為にどうするかをバランス良く考える事が必要だと考えます。

4 COMMENTS

瀧本 敏幸

それぞれの課題に対して、しっかりと調査され、また、とても分かりやすい説明(現状把握)がされていて、この情報は非常に役にたちます。
今後ともよろしくお願いいたします。

返信する
ide-satoru

アドバイスありがとうございます!今後ともご指導の程よろしくおねがいします。

返信する
古木吉昭

井手市議、素晴らしい対応大変勉強になりました
それぞれの自治体の特性のなかで、お互いに頑張りましょう
豊田市から応援しています>^_^<

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください